2024.3 雪解けを待ち昨年12月に他界した父をようやく埋葬

KIMG2703.JPG
 3月30日、昨年12月12日に亡くなった父邦雄の遺骨をようやく埋葬することができました。
 わが家は神道ですので、没後50日で神事=五十日祭を1月17日に行ったのですが、雪が少ないシーズンとはいえその時期墓地はそれなりの積雪で埋葬できる状況ではありませんでした。
 そのため、3月に入ってから融雪の状況見て、いつ埋葬するかを判断することにし、この日の埋葬・納骨となりました。
 埋葬祭は守屋神社長谷川宮司の執式により、私と2番目の弟明雄の二人だけの立ち会いにで行いました。
 まだまだ、遺産相続の手続きが残っていますし、遺品整理もどれだけ時間がかかるか分かりませんが、とりあえずは一段落ついた思いでいます。
KIMG2541.JPG

この記事へのコメント